こんにちは!岩国市のつぼい歯科クリニック 院長の坪井です。 本日は歯科医院での定期健診の大切さについてお話しします。

 

写真の歯は、定期健診にいらした方のお口に見つかった虫歯の治療前と治療中、治療後のものです。

この写真は患者さんの了解を得て掲載しています。

(写真1)

1

 

 

 

 

 

 

(写真2)

2

 

 

 

 

 

 

 

(写真3)

3

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真4)

4

 

 

 

 

 

 

 

治療前の歯(写真1)には、アマルガムという古い金属が入っています。
歯医者が見れば一目で虫歯と分かるのですが (奥の歯と接しているあたりに、虫歯が透けて見えています) 痛みやしみる感覚が無ければ、一般の方で、この状態で 「あ!虫歯がある!」と気づく方はいらっしゃらないでしょう。

この方も、特に痛みなどは無かったのですが、虫歯チェックにいらっしゃって 治療すべき歯があることを初めて知ったそうです。
アマルガムを取り除くと(写真2)虫歯の穴が出てきました。

虫歯を取り除くと(写真3)こんなに大きな穴になっていました。
(ちなみにお隣の歯にも虫歯がありますが、これは後日治療予定です) 下側の穴の黒い部分はアマルガムによる着色で、虫歯ではありません。

黒い=虫歯とは限りませんので、う蝕検知液でしっかり虫歯の部分を染め出して 丁寧に虫歯の部分だけを削り取ります。

最後が治療後(写真4)の状態です。 保険で白い詰め物(コンポジットレジン)を入れたところです。

一日で綺麗に治りました。
もっと大きな虫歯になっているのに気づかず、神経まで虫歯が達してしまっていましたら 一日でこの歯の治療が終わることはありませんでしたし、何よりもっと沢山、歯を削ったり 神経を取ったりと、とてももったいないことになるところでした。

虫歯の早期発見のためにも、ぜひ定期健診にいらっしゃって下さいね。