こんにちは、岩国市のつぼい歯科クリニック 院長の坪井です。

前回は、虫歯になりやすいオヤツの特徴についてお話ししました。
お砂糖たっぷり、歯にひっつく、長時間口の中にある、というところを気を付けていただければと思います。

kids_youchien_oyatsu

 

 

 

 

 

 

 

 

特に3つめの「長時間口の中にある」というのがなぜいけないか。

 虫歯予防のポイントは、いかに口の中が酸性になる時間、つまり、歯が溶ける時間をいかに短くするかが大切です。

0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s

 

 

 

 

 

 

食事の最中から、口の中は、歯が溶かされるpH 5.4 以下になるけれど、唾液(つば)の作用により食後40分で元の状態に戻ります。

 

では、お出かけなどの時に、お砂糖たっぷりの飴をずっと舐めていると、どうなるでしょう。

テレビを見ながら、オヤツをパリパリ。

勉強のお供にジュースをちびちび。

口の中はずーっと酸性のまま、歯は溶けっぱなしです。

 

ちなみにジュースは歯科医的にはオヤツの仲間扱いです。
ほぼ全種、歯を溶かしてしまいます。野菜ジュースでもです。

虫歯になりやすい飲み物は、また別の日記または動画等で詳しくお話ししたいと思います。

 

虫歯になりにくい上手なオヤツの食べ方は、逆を心がければいいんです。

虫歯になりにくい上手なおやつの食べ方

①オヤツは「ながら食べ」しない。

②3時のオヤツの時間や、食後のデザートとして、必要量をお皿によそって食卓で食べる。

食事と同じで、オヤツも規則正しい食生活を送ることがとても大事です。

 

ジュースも、お砂糖たっぷりのものはなるべく避けた上で、野菜ジュースなどを飲ませたい時は食事や3時のオヤツのお供としてあげるとよいでしょう。

食事やオヤツと別タイミングで口に入れるより、同じタイミングの方が、口の中が酸性になる合計時間は短くなります。

 

次回は歯を溶かす飲み物(お酒もあるよ)についてお話ししていく予定です。

お子さんだけじゃなく、お父さんお母さんも、是非チェックしてくださいね。

 

お読みいただきありがとうございました。