こんにちは!

岩国のつぼい歯科クリニック 院長の坪井文です。
しばらく、ブログで歯科知識に関するお話から離れてしまっていましたね。
年末年始、つぼい歯科クリニック的にイベントが多くて、お祭り好きな私はとても楽しいです。

以前、保険と自由診療の違いについてお話しました。
今回はつぼい歯科クリニックで採用しております治療の種類とその特徴、費用について具体的にご説明しようと思います。

奥歯の噛み合わせの面だけの小さな虫歯、前歯の歯と歯の間の小さな虫歯

コンポジットレジン(CR)

費用:保険適応で2000円程度

特徴

  • 1回で終わる
  • 白くて見た目が自然
  • 強度はさほどでもないので大きい虫歯には向かない

虫歯のサイズが小さな場合は、保険適応のこの治療法が最有力候補となります。

ただ、虫歯は見た目が小さくても中で大きく広がっていることも多いので、コンポジットレジンが使えるかどうかの事前診断にはレントゲン検査が必要です。

参考ページ 定期検診で虫歯を早期発見後CR充填

奥歯の歯と歯の間の虫歯、ある程度の大きさの虫歯

ジルコニアインレー(つめもの)

3.5万+税

特徴

  • 丈夫、見た目が自然
  • 口腔内写真をラボに送っての色合わせOK

保険のCAD/CAM冠

冠を外してファイバーコア→形成に3割負担で5000円程度

冠をセットするのに6000円程度

特徴

  • かなり自然な見た目
  • 4番と5番の歯以外は保険が認められていない
  • 強度に劣るので奥歯や入れ歯の土台の歯には向かない

ジルライトクラウン

3.5万+税

以下の2つの項目の特徴があります。

ジルコニアそのものの特徴

  • 削る量が少ない
  • 歯垢が非常につきにくい

ジルライトクラウンの特徴

  • 当院メニューの白い冠の中で価格が一番安い
  • 色が白すぎる。色が選べない
  • 前歯はNG。

セラミック築造メタルボンド

(冠の外側がセラミック、冠の内側が金属)

4.5万+税

特徴

  • 削る量は保険の冠と同程度
  • ラボに口腔写真を送って色合わせできる
  • 色が気に入らない場合はやり直しができる
  • 形も試作品で確認してから本物の冠をつくることができる

歯垢のつきやすさは保険の冠よりはつきにくいが、ジルコニアよりはつきやすい。
何年も経って歯茎が下がってくると、歯と歯茎の境界に一層黒いラインが出てしまうことがある。

ジルコニアクラウンスタンダード

6万+税

特徴

  • 色見本から色を選べる
  • 前歯はNG
  • 削る量が少ない
  • 歯垢が非常につきにくい

ジルコニアクラウンハイグレード

8万+税

特徴

  • 写真をラボに送って色合わせ可能
  • 透明感は天然の歯と比べて若干劣るものの前歯OK
  • 若い人の前歯だと多少の不自然観あり
  • 40代以上の方だと不自然観は気にならないレベルであることが多い
  • 削る量が少ない
  • 歯垢が非常につきにくい

ジルコニアクラウンエステティック

10万+税

特徴

  • 写真をラボに送って色合わせ可能
  • 透明感あり
  • 前歯OK
  • 若干強度が劣るため、奥歯のブリッジにはあまり向かない
  • 削る量が少ない
  • 歯垢が非常につきにくい

セラミック築造ジルコニアクラウン

(冠の外側がセラミック、冠の内側がジルコニア)

13.5万+税

当院メニューの中で最も自然な仕上がり

特徴

  • 削る量は保険の冠と同程度
  • ラボに口腔写真を送って色合わせできる
  • 色が気に入らない場合はやり直しができる
  • 形も試作品で確認してから本物の冠をつくることができる
  • 歯垢のつきやすさは保険の冠よりはつきにくいが、ジルコニアよりはつきやすい
  • 何年も経って歯茎が下がってきても、歯と歯茎の境界に黒いラインは出にくい

 

写真がないので、わかりにくいと思われる方もいらっしゃると思います。

実際に写真や模型がご覧になりたいという方は、スタッフにお尋ねください。