こんにちは!岩国のつぼい歯科クリニック 衛生士の前田です

日曜日は、院長と一緒に、広島大学歯学部卒後研修に参加してきました
講師は東京医科歯科大学臨床教授の内山先生です。

内山先生は歯周病治療でとても有名な先生です。
300人収容のホールに、500人くらいの大勢の歯科医師・歯科衛生士が参加した大盛況の勉強会でした

securedownload (1)

 

 

 

 

 

つぼい歯科クリニックは、開業当初から
「予防歯科こそ大事」
「歯を失わないためにおいしくご飯を食べてもらえるために私たちができることは何か」
という理念で治療を行っています。

患者さまのデンタルIQを上げるために、私たち歯科衛生士もよりわかりやすく・ホームケアが楽しくなるような説明力を高めていきたいと思っています!

勉強会のテーマは、より良い歯のプロフェッショナルケア(PMTC)と、長期メンテナンスのプロトコールなどでした。
すでに当院のシステムで取り入れていることも多かったですが、院長から教わった内容があらためて勉強できてより深く理解できました

日本では40~70歳の30年間に失う歯の本数は平均で10.5本。
(平成23年歯科疾患実態調査報告により)
それに対して、お口のメンテナンスの習慣のあるスウェーデンでは0.4本~1.8本。

しかもこれは1981年の調査の数字です。
日本も頑張ってお口のメンテナンス習慣の普及と、その結果として歯を失わない社会を作っていく必要があると改めて思いました

その他、私は当院未採用の新しい道具がたくさん見られて面白かったです
より優しいプロフェッショナルケアを行うために、プロケア用ブラシの種類を変えるのもいいかもと思いました。