~顎関節症の種類と治療法~

こんにちは!岩国のつぼい歯科クリニック 院長の坪井文です。
前回は、顎関節の仕組みについてお話しました。
今回は顎関節症の種類と治療法についてのお話ししていこうと思います。

正常な顎関節の構造

下顎は大きく口を開けるときには前方に移動し、関節円板という軟骨が下顎の滑走を手助けするんでしたね。
顎関節の仕組みを参照
そして、下顎が元の位置に戻るとき、関節円板もスムーズに定位置に戻ります。

「カクッ」「ポキッ」と音が鳴る仕組み

ところが、この関節円板がスムーズに戻らない状態になることがあります。
関節円板が戻るときにちょっと引っかかって「カクッ」「ポキッ」という音が鳴ります。
この症状は顎関節症の一種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、顎関節症にはどのような種類があるのでしょうか?

顎関節症の種類

顎関節症学会による顎関節症の分類をできるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

Ⅰ型

耳の上あたりにある筋肉や頬の耳に近い筋肉が痛い。顎の周りの筋が痛い。口が開きにくいことがある。

Ⅱ型

顎関節の関節を包む袋や、関節靱帯、関節円板が伸びたり、捻挫している。顎が痛い、動かしにくい、等。

Ⅲ型

関節円板の位置がずれたり、穴が開いたり、組織が病的に硬くなったりしている。
痛みは強くなかったり、痛みがないことも多い。

Ⅲ型a

関節円板の位置がずれるが、すぐに元に戻るタイプ「コキッ」「ポキッ」という軽い音が鳴る。

Ⅲ型b

関節円板の位置がずれたまま戻らない。口が開けにくくなる。

Ⅳ型

顎関節の骨が変形したり、関節円板が変形したりする重症例。「ジャリジャリ」「プチプチ」という音が鳴る。

Ⅴ型

上のⅠ~Ⅳ型以外のもの。心理的要因などによる顎関節による痛みなど。

 

さて、前回の最初にとりあげました
「痛くないし、口も開くけれど、音が「ポキッ」鳴るので大きく口を開けるのはちょっと抵抗がある」
というのは何型になるでしょう?

 

 

答えはⅢ型aです!(実は私もこの症状があります!)

 

当院では、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型の方が比較的多くいらっしゃいます。

 

顎関節症の治療

口が全く開かないなら理学療法を、多少なり口が開くならスプリント療法を行うことが多いです。
ただし、4cm程度口を開けることができて、日常生活に不便が無い場合は治療は必要ないと言われています。

私も、音は鳴るものの恵方巻の丸かぶりも出来る程度にしっかり開口できますし、不便も無いので治療はしていません。
Ⅳ型、Ⅴ型の場合は、重症度に応じて大学病院などとの連携が必要になる場合があります。

スプリント療法ってどんなもの?

スプリントはマウスピース型の「自分で着脱できる顎関節のギプス」と思っていただくと良いかと思います。
顎関節が炎症を起こしているのですから、軽く固定して安静にする必要があります。

顎関節は顔の外から固定することができません。
そこで、上下の歯の間に厚みのある硬いマウスピースを装着することで、強制的に「マウスピースの厚み分だけ口が開いた状態=顎関節に負荷がかからない状態」をキープできるようにします。

2回ほどで作成可能ですので、顎の痛みでお悩みの方は、一度ご相談ください。