こんにちは。岩国のつぼい歯科クリニック 小児歯科専門医の吉村です!

生まれてから1年ぐらい経つと、歯が生え始めます。
そうなると、1歳半ぐらいから、卒乳、離乳食と食事形態が変わっていきます。

1歳半から2歳半ぐらいのこの時期は、お子様も言うこともなかなか聞いてくれないので、大変ですね。

 

この時期には、食べ物に関しては、形態、味覚ともに大きく変化していきます。

それまで摂取してきた母乳、人工乳、ともに乳糖といわれる糖成分が含まれるので、まずは甘いものがいわゆる口当たりのいいものになってきます。 

 

また、それまで一日5回ぐらい食べたり、飲んだりしていますので、いわゆる小腹のすいた状態にすぐなりやすいです。

そこで、体がいわゆる血糖値が上がりやすい糖をずっとたべることを求めるのですね。

 

それが虫歯の原因になるのです。

GI値の比較的低い食品をおやつにするとむし歯になりにくい

食品にはそれぞれ、血糖値の上がりやすさによってGI値(ジーアイチ)という値があります。

砂糖が最強で、100を軽く越えます。

甘いものは手早く血糖値を上昇させますが、虫歯にもなります。

 

ですから、パンとか果物の一部とか、炭水化物の中でも比較的GI値の低いものを何回かに分けてあげるのが良いようです。

おやつイコール甘いものではない、を注意しましょう!

GI値の表が掲載されているHP

虫歯になると、どれくらいかむ力が落ちるのでしょうか?

乳歯のお子さんの研究では、奥歯が7-8本ぐらい虫歯になると、かむ力は三分の一程度まで下がってしまう結果が出ています!

 

かむことはあごの発達はもちろんのこと、脳の発達、唾液量など健康や発達に直結する因子に影響を及ぼすことが分かっています。

できてしまった虫歯はかめるようにしっかり治すこと、それ以前にまず虫歯にしないことがとっても大事ですね。

硬いものを食べた方が歯並びにはいいの?

 最近、「歯並びが心配で、硬いのを食べた方が良いのか」という質問を良く受けます。

日本人全体で見ると、顎がだんだん細くなっているのは統計的にも明らかなようですが、個々人で見ると、個人のあごの大きさは遺伝をはじめとする先天的な要素が強く、残念ながら固いものを食べても目に見えてあごが大きくなる、ということはなさそうです。

ただし、固いものを食べると、お口の周りの筋肉は発達します。

歯並びは土台であるあごの大きさだけですべてが決まるのではなく、お口の周りの筋肉も大きく関わります。

 

最近お子さんのお口がよく開いている、という相談もよくうけますが、そういうお子さんは口の周りの筋肉が弱いので、しっかり食事することも大事です。

 

 同じような意味合いで、お口周囲の筋トレ【あいうべ体操】が勧められています。

大きなお口をあけて、あ、い、う、べーと舌とお口の周囲筋を動かすようにする運動です!
お口での呼吸から鼻呼吸に変わっていくことも分かってきていますし、お勧めです!

 

あいうべ体操は院内でも指導を行っております。ご興味がある方はお尋ねください。

まとめ

いかがでしたか?

  • 2歳半ぐらいのお子さんは、一日何回もおなかがすいてしまう。
  • おやつは食べる必要があるが、甘いものであることは必要ない。
  • 乳歯でも虫歯になってしまうと、かむ力がどんどん落ちていく。
  • あごは固いものをたべてもなかなか大きくはならないが、口の周囲の筋肉は鍛えられる。
  • お口だけでなく、その周囲を含めて適切に発達させていく意味合いで、噛むことは非常に重要です。