入れ歯治療

ireba

歯を失った時の口の中の変化や入れ歯治療の流れについてご説明いたします。
歯を失ってしまった後、そのまま何もせずに放置すると隣の歯が倒れこんできたり、お向かいの歯が伸びてきたりします。
すると、次は隣の歯やお向かいの歯がダメージを受けてしまいます。
このように一つの歯がなくなると連鎖的に周りの歯もダメージを受けてしまいます

以上の理由から、入れ歯やブリッジ、最近ではインプラントといった「無くした歯のスペースを埋めて、噛めるようにする」治療が必要になってきます。

 

顎の骨は時の経過により形を変えていきます。
古い合わない入れ歯を長期間使用することも、さまざまな問題を引き起こします。

修理もしくは新しく作ることで、常に「顎に合う」入れ歯を使うことをおススメします。

当院では、患者様の年齢、病態、ライフスタイルなどを考慮して、患者様に最適な入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)をご提案いたします。

入れ歯治療の流れ

  1. お口の中を検査し、カウンセリングを行います。
    患者さんのご希望に沿う入れ歯の形・材質・治療期間・費用などをご提案させていただきます。
  2. 旧義歯の修理 
    古い入れ歯をお持ちの場合は、修理可能な場合は修理いたします。新しい入れ歯が完成するまでの間のつなぎとして、新しい入れ歯が出来た後はスペア用としてお持ち頂けるようにいたします。
  3. 型取りと噛み合わせの確認
    必要に応じて、精密な型取りをするためのトレー作成用の型取りをする場合もあります。 
  4. 噛み合わせを記録
  5. 仮義歯あわせ   
    入れ歯の歯並びの確認や、高さの確認を行います。
  6. 完成

部分入れ歯または総入れ歯か、残った歯の状態などにより完成までの通院回数が変わります。
部分入れ歯で2~3回、総入れ歯で4~5回程度かかることがあります。

入れ歯治療に関する院長ブログはこちら

sinnryou