シーラント治療

乳歯や生えたての永久歯は、大人の歯に比べて虫歯になりやすい特徴があります。
特に深い溝からの虫歯が予想される場合、溝を機械的、薬物的に清掃・消毒した後シーラントと呼ばれる材料で
填塞(削らずに埋めること)します。
そうすることで大きな虫歯になることを未然に防ぐことができるのです。

虫歯治療

乳歯は生え変わるので、虫歯を放っておいても大丈夫?
いえいえ、乳歯の虫歯を放置すると、永久歯や顎の発育にまで、悪い影響があるのです。

乳歯は、永久歯が生えるスペースを確保する役割を持っています。
また、永久歯の中でも6歳臼歯と呼ばれる歯は6歳頃に生えるべく骨の中で前に上にと、日々成長していきます。

図解

zu2

<上図>乳歯がなくなり隙間ができました。

<下図>後ろの歯が前によってきて、永久歯が生える隙間がなくなり、歯並びが悪くなります。

歯と歯の間が虫歯になると…

虫歯の穴の分だけ、奥歯が前にズレてしまいます。
ズレた分だけ、永久歯の生えるスペースが減ってしまいました。

では、乳歯が1本虫歯でなくなってしまうと…
その分だけ、奥歯が前にズレてしまいます。
6歳臼歯がいったん前にズレてしまうと、元の位置に戻すのはかなり難しいです。

では、生えるスペースを失った永久歯はどうなるでしょうか。
多くは、歯並びからはみ出て生えてきます。
稀に生えることができずに骨の中に留まってしまうこともあります。

歯ぐきから膿がでるほどの大虫歯を放置すると、乳歯の後に生えてくる永久歯が生えたての頃から茶色く粗造になる(ターナーの歯といいます)こともあります。子どもの虫歯も、ちゃんと治療・予防すべきなのです。

小児歯科に関する院長・小児歯科専門医のブログはこちら