電話でのお問い合わせ 0827-32-7506

〒740-0034 山口県岩国市南岩国町2-78-36

診療時間
09:00 ~ 12:00 / / /
14:00 ~ 18:00 / / /
WEB予約
キービジュアル

ご存知でしょうか?
美しい口元は「計算」で導き出せます。

デンタルローン」をご利用いただけます
体に優しい「メタルフリー治療

コラム治療費を抑えて「たった1日」で銀歯を白い歯に

  • 症例
  • 症例

銀歯の詰め物をコンポジットレジン(CR:歯科用プラスチック)に置き換えた症例。
治療跡が目立たなくなったが、デメリットとして期間の経過とともに変色する可能性がある。

ダイレクトボンディング法とは、コンポジットレジン(CR)を使って歯を修復する治療法です。CRは白い色をした歯科用プラスチックで、治療跡が目立ちません。歯の穴を直接埋めたり、欠損した部分に盛り付けたりできるので、歯の削る量を最小限に抑え、短期間で治療を終えることができます。

「美しい口元」を作る法則とは

「美しい口元」を作る法則とは

美しい口元を創る方法は既に確立されています。絵画や建築の世界では「黄金比」という言葉をよく使いますが、それと同じものです。その方の輪郭に合わせ、一定の比率で歯を配置することで綺麗な口元を創り上げていきます。

ですが、ただ歯を綺麗に並べるだけでは十分ではありません。歯は食べ物の消化吸収の一端を担うものですので、機能を長期間維持することができなければ意味がありません。

そのため当院では「美と機能の両立」と「長期安定」を両軸に治療を行っています。ここからは具体的は取り組みについてご紹介します。

「確立された美の創造」

審美治療において、美は抽象的なものではなく、数学的な法則に基づいて設計できるものです。法則に従えば誰が見ても美しいと感じる口元を創造できます。

Point 1「唇と歯」の関係(Lip to Tooth Relationship)

「唇と歯」の関係(Lip to Tooth Relationship)

笑ったとき、下唇のアーチと歯並びのアーチを一致させることで口元の美しさを際立てることができます。
著者: 山崎長郎 クインテッセンス出版: エステティック クラシフィケーションズ より引用

Point 2ゴールデンプロポーション(Golden Proportion)

ゴールデンプロポーション(Golden Proportion)

「中切歯」「側切歯」「犬歯」を1.618:1:0.618の配列にすることで前歯が美しく整っているように見えます。

Point 3生物的幅径(Biological width diameter)

生物的幅径(Biological width diameter)

自然の健康な歯に対する歯肉の幅のことを「生物学的幅径」といいます。被せ物をするときなどに、歯肉の幅を考えて見た目が自然になるように調整します。

各工程で患者さんと「治療後のイメージ」をすり合わせます

審美治療は模型を使ってイメージのすり合わせを十分に行います。
患者さんと治療後のイメージを共有するために、治療前にカウンセリングはしっかり行います。

各工程で患者さんと「治療後のイメージ」をすり合わせます

こうした手順を踏むことで「治療前に思っていたイメージと違う」といったことが起きないようにします。

「治療前」のカウンセリング

治療前に必ずカウンセリングの時間を設けて患者さんのイメージを具現化していきます。医院と患者さんで治療後のイメージが合致させるため、模型や症例などを使ってカウンセリングします。

「仮歯」によるイメージのすり合わせ

「仮歯」によるイメージのすり合わせ

必要に応じてに全体のバランスなどを加味した仮歯を製作します。十分満足できる形を仮歯で追求してから最終補綴物を作ります。

「高倍率ルーペ」を使い精密な処置

「高倍率ルーペ」を使い精密な処置

天然歯と被せ物の僅かな隙間から虫歯菌が入り込んでしまうと、内側で虫歯が進行してしまうことがあります。下の画像は、他院で治療を受けた患者さんの歯の写真です。左の写真を見ると問題ないように見えますが、右の写真のように詰め物を外してみると中が虫歯になっていました。

  • 「高倍率ルーペ」を使い精密な処置
  • 「高倍率ルーペ」を使い精密な処置

隙間といっても肉眼では確認できないほど小さなものですが、この隙間をできる限り少なくするために高倍率ルーペ(拡大鏡)を使って被せ物の接着を行います。虫歯リスクを抑えることで、結果的に被せ物の寿命を長くします。

「体に優しい素材」を提案します

自費診療ではありますが、身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)を希望される方が増えています。当院でも身体に優しい素材をおすすめしています。

一方、保険診療の銀歯ですが、マイナス部分は審美的な問題だけではありません。金属イオンを体内に流出させて身体に悪影響を及ぼすことが知られています。その一例が金属アレルギーによる湿疹です。他にも金属イオンが歯茎に沈着して歯と歯茎の境目に黒い線ができるブラックラインも弊害の一つです。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアは「人工ダイヤモンド」とも呼ばれる素材で、優れた審美性耐久性を持っています。金属を一切使ってないため、金属アレルギーの心配はありません

オールセラミック

オールセラミック

天然歯のような色合い、そして強度を持ちます。金属を一切使用していない体に非常に優しい素材です。ジルコニアセラミックと比べ耐久度は若干落ちます。

セラミックを使った素材にはさまざまな種類があります。詳しくお知りになりたい方は、気軽にお問い合わせください。

患者さんに「ご満足いただける美」を実現するために

患者さんに「ご満足いただける美」を実現するために

患者さんの望む美しい歯や口元をつくるためには「主観的な美」と「客観的な美」の両方が必要です。「主観的な美」とは患者さん自身が求める美であり、「客観的な美」とは第三者が美しいと感じられる美です。

このどちらか一方が欠けても、患者さんの望む治療はできません。主観だけでは他人の目にどう映るのか懸念がありますし、客観的な基準だけでは患者さんのイメージと大きくかけ離れてしまう怖れがあるからです。患者さんの美法則に基づく美とのバランスを取り、事前に完成のイメージをお伝えすることが非常に大切です。

当院では初診のカウンセリングで患者さんが考える美のイメージを十分にお伺いしています。どうぞ気兼ねなくイメージや想いをお聞かせください

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0827-32-7506

24時間WEB予約

医院住所
〒740-0034
山口県岩国市南岩国町2-78-36

menu

TOP