電話でのお問い合わせ 0827-32-7506

〒740-0034 山口県岩国市南岩国町2-78-36

診療時間
09:00 ~ 12:00 / / /
14:00 ~ 18:00 / / /
WEB予約
キービジュアル

menu

MFT 「正しい姿勢・咀嚼と嚥下・呼吸」を得るために大事なこと

2024年3月6日

MFT(口腔筋機能訓練)特集その2

「正しい姿勢・咀嚼と嚥下・呼吸」を得るために大事なこと

 

こんにちは!岩国のつぼい歯科クリニック 小児歯科専門医の吉村です。

 

今回はMFT(マイオ ファンクショナル セラピー 口腔筋機能訓練)の第2回です✨

小児の口腔の発達とMFTについて考えようと思います。

 

1)MFTの目標は「正しい姿勢・正しい咀嚼と嚥下・正しい呼吸」

 

正しい姿勢・咀嚼と嚥下・呼吸とは、なんでしょうか?

リンク先は小児歯科学会の啓発ポスターです。

 

参考リンク:口は閉じて食べましょう!

 

正しい姿勢・咀嚼と嚥下・呼吸として大事なことは、

 

・前歯で噛みきり、しっかり噛んで程よいところで飲み込む

・背もたれは使わずに、背筋を伸ばした姿勢で座る

・足置きを用いて、足裏を床につけて食事する

・口を閉じて食べる

 

とされています。

岩国 歯医者 正しい姿勢

さて、あなたのご家庭では、お子さんは普段、どのような姿勢をしていらっしゃるででしょうか?

 

2)現代家庭ではお子さんは「良い姿勢」を習得しにくい

 

ソファーに座ると、子供の場合は足裏が床につかないですし、ソファーだと背もたれにもたれてしまいますよね?

また、ご家族みなさんで食卓を囲むとき、子供は足置きがなけれは足裏が床につかないはずです。

岩国 歯医者 MFT

 

お子さんは足をブラブラ、させていませんか?

背もたれを使っていませんか?

猫背・巻き肩になっていませんか?

岩国 歯医者 よくない姿勢

診療室でお子さんを見ていると、今はほとんどのお子さんが、こうした「悪い姿勢」になってしまっているように感じています。

 

お子さんが普段の生活でソファーや足のつかない椅子を使っていると、良い姿勢をするための筋肉が発達せずに、良い姿勢をすることそのものが難しくなってしまうんです。

 

3)姿勢の維持には筋肉と関節の柔軟性と筋肉量が重要

 

僕も若いころに比べて姿勢が悪いと言われることが増えてきました。

つい気が緩むと猫背になっていたり、椅子に浅く座って足を組んだりしてしまい、女性メンバーに「姿勢が悪い」と注意されてしまいます。

 

姿勢の維持に重要なのは筋肉、関節の柔軟性とある程度の筋肉量です。

使いやすい筋肉ばかり使用し、使っていない(サボっている)筋肉があると、使い続けている筋肉は緊張して固く短縮してより強くなり、サボっている筋肉は伸びて弛緩し、衰え細くなります。それによってさらに姿勢が悪くなったり、体の不調が出てきます。高齢になると骨が曲がったり、傷みが出てくる原因にもなります。

 

特にパソコンやスマホなどをするときは、ストレートネック(首を前方に傾けるような姿勢)になりやすく、首・肩・舌の周囲筋・表情筋などと連動して筋肉が緊張してしまいます。

 

岩国市 歯医者 ストレートネック

 

お子さんだけでなく、成人でも、

「猫背・巻き肩・ストレートネック」になってしまうと、口腔周囲筋の不調和につながって(程度の差はありますが)口腔機能の低下や、TCH(Tooth Contacting Habit:歯列接触癖)や顎関節症などの症状が出てしまうことがあります。

 

予防や症状改善のためには「正しい姿勢」を維持するために、筋肉のトレーニングやストレッチを行うことや、良くない環境を見直すことが有効とされています。

 

 

4)正しい姿勢をするために見直すこと

 

4-1)小児・成人共通

・椅子に座るときには足裏を床につける

・椅子のせもたれやソファーは使用しない

 

4-2)乳幼児

・離乳食は大人のゲンコツサイズの野菜の水煮などを手づかみ食べさせる

・足をブラブラさせない。サイズにあった乳幼児用椅子を用いる

 

4-3)小児

・口腔周囲筋を良く動かすような遊びをする(口笛、吹き矢など)

・足裏が床につかない時は足置き台を用いる

・学習机に向かう時の椅子も、足置き台を足裏が付くようにする

 

4-4)成人

・スマホやパソコンを使うときの姿勢に気を付ける

・巻き肩にならないよう、肩甲骨を寄せる筋トレを行うか、大胸筋や前腕屈筋群、広背筋を伸ばすようなストレッチを行う

・座り時間が長くなりすぎないように気を付ける

 

5)「仕上げ磨き嫌い」や「食事の好き嫌い」も、口腔の発達不全に由来している!?

 

保護者の方の悩みである仕上げ磨き。

実は、仕上げ磨きが嫌いなお子さんは、口腔機能の発達不全があるかもしれません。

 

口腔内の筋肉の動きが悪い部分=筋肉の強い緊張がある部分は、過敏な部位に変化していきます。

歯磨きが苦手なお子様たちの口を観察すると、舌小帯や上唇小帯の短縮症があったり、低位舌などがある場合が多いです。そうした「発達不全の原因」があるために、口腔内が過敏になって、大人に触られるのを嫌がるようになってしまうんです。

 

ですので、MFTのスタートは過敏を除去する、脱感作となります。

口から舌を突き出したりする動きや、口の周囲をトレースさせる動き、舌に歯ブラシを当てる動きなどです。

また、筋肉の発達とともに過敏も落ち着いてくる場合が多いです。

 

MFTは最終的に歯並びの改善に大きく寄与する場合もありますが、第一に目標とすべきは正しい機能の獲得と発達です。歯磨きが苦手、食事が遅い、口を開けて食べる、好き嫌いが多いなどの問題がある場合、口腔領域全体の発達の問題ととらえて見直してみると良いでしょう。

 

6)まとめ

 

いかがでしたか?

 

・MFTの目標は、正しい姿勢で、正しく噛んで飲み込み、正しく呼吸する、ことです。

・口腔周囲筋の不調和があると、口腔機能発達不全の原因となります。

・仕上げ磨きの嫌いな子は不調和に起因する感覚過敏が原因である場合が多いです。

・歯磨きが苦手、食事の好き嫌いなどの問題がある場合、口腔領域全体の発達の問題ととらえて生活習慣を見直すことをおススメします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

矯正の早期治療(3歳~)がおススメな症例とは?

2023年11月24日

お子様の歯並び矯正は

何歳から始めることができるか、ご存じですか?

こんにちは、つぼい歯科クリニックおとなこども矯正歯科

院長の坪井です。

 

1歳半検診や、3歳児検診などでも
「受け口が気になります」

「よくしゃくれた顎をしているのが気になって…」
「出っ歯な気がします」
と保護者の方のご相談を受けることも多い、この疑問。

 

お子様の矯正治療は何歳から?

 

実は、症例によってベストタイミングが変わります!

 

1)1~2歳は「早すぎる」

 

1~2歳ですと「矯正治療をしなければならない」

ということを赤ちゃん本人が理解することが難しく

一般的に「まだ早い」とされています。

 

ただし、発達の早めの子(特に女の子に多いです)は

2歳半くらいから治療を開始可能な場合も。

一般的には3歳くらいからが、

一番最初のタイミングになります。

 

2)3歳前後に開始するのがおススメな症例

 

「かみ合わせが悪い」症例では、

早期治療がおススメです。

・受け口

・交差咬合(斜めに噛んでる)

・下の前歯が上の前歯に完全に隠れて見えない(過蓋咬合)

 

また、「歯が並ぶスペースが足りないのは明白」という症例も

この時期から治療をすることがあります。

・歯が重なりあって生えている

・出っ歯(重度)

 

その他には「口腔機能発達不全」

かつ「歯並びが悪い」場合も

早期治療をおススメすることが多いです。

具体的には

・下の前歯が上の前歯に完全に隠れている

・習慣的にイビキをする

 

最後の口腔機能発達不全の場合は、

本当はMFT(筋機能訓練)も合わせて

おこなうことが望ましいです。

 

 

3)3歳前後には治療しないこともある症例

「歯が並ぶスペースが少し不足している」症例は

この時期には開始しないこともあります。

 

・歯並びがガタガタしている(軽度)

・出っ歯(軽度)

・歯と歯がぴったりくっついている(閉鎖歯列弓)

 

これらの症例は、

もう少し大きくなった6~7歳になってから

永久歯の前歯が生えてから行うことが多いです。

 

検査によってある程度、歯列不正の程度を

予測できる年齢になるからです。

 

検査するまでもなく

「歯列がガタガタになりますね」という症例の場合は、

早くに治療してあげればよいのです。

一方で、「もしかして治療は不要かも!?」という

軽度症例の場合は、分析して矯正治療が

本当に必要かどうか確認してから

治療を開始したいからです。

 

4)いつ頃、どこに相談したら良い?

 

歯並びが悪くなるお子様は、

1歳半検診や3歳児検診で

およその見当がつきますから、

検診で指摘されたら歯医者さんに相談に

行ってみましょう。

 

1歳半検診、3歳児検診では歯列や

軟組織を診る項目があるので、

将来的に歯列不正が出そうな場合は

指摘があるかと思います。

 

2歳半~3歳で小児の歯並び治療をしている

医院に相談に行けば、今後の見通しも

含めて相談できると思います。

 

まとめ

・早期治療(3歳前後)は、

歯列不正がほぼ確定している症例や

口腔機能発達不全症もあわせて

認められる場合におススメです。

・発達が早い子で2歳半から、

多くは3歳頃から矯正治療ができます。

・場合によっては「6~7歳まで待ちましょう」と

言われることもあります。

 

症例によって、ベストの矯正開始年齢は異なりますので、
詳しくは直接、ご相談くださいね!

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

老いは口から始まる。歯医者が教える要介護にならないためのポイント!

2023年4月1日

医科・歯科・介護の世界で注目されている「口腔機能低下症」。

別名「オーラルフレイル」と言います。

あなたはこの言葉を聞いたことがありますか?

あんまり記憶にない単語なのではないでしょうか。

 

こんにちは、岩国市のつぼい歯科クリニック 歯科医師の荒田です。

今日は「老いは口から始まる。老いを防ぐためのポイント」について

お話ししていこうと思います。

 

1)人は口から老いる

 

口腔機能低下症とは、加齢に伴い

噛む、飲み込む、話すなどの機能が低下する症状のことです。

口周りの筋肉や舌の運動能力や筋力が低下するため、

ムセや誤嚥、咀嚼が不十分などの症状が重なって現れます。

 

自覚症状としては、

・むせることが増えた

・飲み込みが困難になった

・噛みにくくなったと

いった感覚があります。

 

機能が低下し続けると、栄養状態が悪化し、

口腔機能だけでなく全身の機能も低下してきて

しまいます。

この、全身の機能が老いにより低下した状態を

フレイルと言います。

 

つまり、フレイルの前段階がオーラルフレイルなのです。

まさに「人は口から老いる」のです。

 

2)人は口から若返る

  *ただしトレーニングすればの話

 

フレイルという状態は、訓練で回復可能であるとされていますが、

身体の機能障害まで進行してしまうと、回復は非常に困難になります。

 

逆に言えば、「フレイル」の前段階である「オーラルフレイル」の状態になりかけたら、

訓練して回復することで、老いによる要介護の状態になりにくくなるのです

 

ですから、「口腔機能低下症」の検査や訓練が

健康保険でカバーされているんですね。

 

口腔機能低下症はセルフチェックできますから、

よろしければ試してみてくださいね。

 

むせる、飲み込みにくい、舌がもつれる…オーラルフレイルの自己チェックをしてみよう!

https://tsuboidental.com/blogs/archives/date/2019/05

 

3)噛むということ、飲み込むということ

 

噛むためには、口を上下左右に動かし、

適切な力で噛むための筋肉が必要です。

また、食物を歯の上に送るための舌の動きや、

食べ物を唾液と混ぜ合わせて塊にする舌の動きなどが必要です。

そして魚の骨などを察知するための反射反応や、

歯で噛んですりつぶすための歯(または入れ歯)が必要になります。

これらの機能が連動して初めて「噛む」が成立します。

 

では、飲み込むということはどうでしょうか。

 

食べ物を唾液と混ぜ合わせて

塊にしたものを喉の奥に送る舌の動きや、

食べ物を食道に送るための

咽頭や喉頭蓋の動きが必要です。

さらに、気道に誤って食べ物が

入らないようにするために、

ムセることで誤嚥を防ぐ働きがあります。

 

食べることはとても複雑な機能が組み合わさって成立しています。

 

そして、どれかの機能が低下すると、

他の機能も低下してしまいがちです。

 

だからこそ、

「最近ムセるなぁ」

「飲み込むのが難しい」

「食べられないものができてきた」

と思ったら、歯医者さんに相談していただきたいのです。

 

 

4)検査と訓練、そして対策

 

歯科臨床では、様々な問診や検査を行い、

どの機能がどう低下しているかを判断し

症状に応じたトレーニングをカスタマイズします。

 

しかしながら、ご自宅でも

簡単なセルフチェックやトレーニングを

行うことで効果的な予防ができます。

 

無料のスマホアプリで、

チェックとトレーニングができるものもあります。

 

例えば、「毎日パタカラ」は、

舌や口唇などの筋肉の機能をチェックするアプリです。

 

毎日パタカラ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sunstar.jp.patakara&hl=ja&gl=US

 

また、オーラルフレイル対策のための

口腔体操(日本歯科医師会)も、

自分で簡単に実践できるためおすすめです。

 

オーラルフレイル対策のための口腔体操

https://www.jda.or.jp/oral_frail/gymnastics/

 

まとめ

 

・口腔機能は一つ機能が低下すれば、それにつられて他の機能も低下する

・自分の状態を把握して、訓練や対策を行うことで元気に長生きできる

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0827-32-7506

24時間WEB予約

医院住所
〒740-0034
山口県岩国市南岩国町2-78-36

このページのトップへ